【年収と婚活の関係その2】結婚相談所の30代、40代男性で年収が500万以上なのはどのくらい?

岡山で結婚相談所をしております、村木(@forlife_jpn)です。

前回は、「【年収と婚活の関係その1】婚活女性が男性に希望する年収の割合と傾向」ということで、女性の希望する年収がどのゾーンが多いかを年代別に考察しました。

結婚相談所の婚活では、私の加盟する日本結婚相談所連盟をはじめとし、他の連盟でも登録男性の年収の平均値が高いことをうたっている連盟が多くあります。

IBJの会員統計データでも年収500万円~699万円がボリュームゾーンとして公表されております。が、年齢の要素を加味するといったいどのようになるのでしょうか。

そこで、私が実際にどのくらいの人数がいるか会員データをもとに分析してみました。
今回は男性婚活者層がもっとも多い30代、40代にスポットを当てて考察してみたいと思います。

結婚相談所の婚活男性の収入分布は?

30代

社会的にも落ち着き、役職についたりといったことから500万以上の方が過半数を占めております。
国税庁の統計によりますと年収が500万円を越えてくるのは30代後半からが多くなっており、
相談所でも同じように30代後半が多いように見受けられます。
大企業にお勤めの場合は、役職や会社、景気によっては600万以上の年収を手にしておられます。
では逆に年収500万未満の方はどうかといいますと、30代前半の方もおられますし、後半の方もおられます。
給与水準が大手のように高くない場合はこのゾーンになってきます。

40代

先ほど考察した30代から順当に年収が上がっていったためか年収が500万以上の方で約70%となり、
日本結婚相談所連盟がうたっている様に高年収の方の割合が非常に高いです。
また、700万以上の方も30代から1.5倍以上に増えており40代男性との結婚生活は初期から安定しやすくなっております。

年収500万円未満の方の婚活戦略

年収が500万円未満だからとあきらめる必要はまったくありません。
実際のところ多くの方が成婚しておられます。400~500万の方は「【年収と婚活の関係その1】婚活女性が男性に希望する年収の割合と傾向」でもお伝えいたしましたように、女性が希望する年収の条件を満たしており、扶養内での共働きでも世帯年収が600万円を達成することができます。年収が高いと申し込まれやすいというのを逆手に取り、ここに位置する方たちはとにかく申し込むのを継続していきましょう。

男性全体
30代男性
40代男性

世帯年収が600万あれば充実した生活がおくれます。しっかりと申込みをし、金銭感覚の会う女性を見つけることこそが最大の幸せな結婚生活がおくれる方法なのです。

まとめ

給与と責任の関係

令和の時代はワークライフバランスが大切です。忙しくて毎日がみんなの寝顔をみるだけという働き方もずいぶんと減ってきてはいます。が、高所得者が忙しくなるのは当然のこと。給与と責任は比例するのです。

共働き世帯が増加した今、どちらかの年収が多いから家事の割合はその年収の割合で決めるというようなことをしていては、もろい家族の絆となるでしょう。高い年収で生活を安定させることは大変大切ですが、それは男性はそれを支えてくれる人を探す必要があり、女性はその覚悟が必要となる場合があります。年収の高さは責任の重さということを頭において活動をしていきましょう。

また、終身雇用は崩壊したと言われるこのご時世においては、「安定とは」を見直す必要があります。大きい会社だから安心、安定という時代は終了しつつあります。
どんな理由であれ会社を辞めることになった、倒産したなどがあったとしても人手不足が解消していない現代は、技術や経験、実績を積み重ねて一つの成果や形を作れる能力こそが安定につながってくる時代になってきたと私は感じております。

婚活で申し込みが来るのは斜め下の条件の人ばかり、特に会いたいと思えない人ばかり・・・と考えて辛くなっていませんか?
それならばこちらから斜め上に申し込めばいいのです!

岡山の結婚相談所であるFOR LIFEでは会員様に常に自分から申し込むことを勧めており、申し込みをする勇気が出なくてもお申込みへの抵抗が徐々になくなる婚活の仕組みを確立しております。

フォローよろしくお願いします。