【マッチングアプリ編】出会いがない。いい人がいない。今こそ見直そう婚活方法『2020版』。

岡山で結婚相談所をしております、村木(@life__for__life)です。

婚活方法を見直すシリーズ3つ目は【マッチングアプリ編】です。
前回の記事、【合コン・街コン編】では恋活の要素も強く出会いの場としてたくさん出会える、量をとれた活動という記事を書きました。

特定の交際相手がいない場合、合コン・街コンで楽しく飲んだ後、ひとりで帰宅したときにふとむなしさを覚えたり会社と自宅の往復の生活になってしまった方は時間的制約の少ないこの活動へと踏み出されます。

婚活アプリ・マッチングアプリ

登録者が非常に多い

マッチングアプリは現在、最も利用者が多く日々新しい人が登録しており出会いの数は大変豊富になっております。累計登録者数の表記が示すとおりで、認知度は高く、年々上昇しており、下の図に示すように3年で倍の認知度となっています。

 

出典:マッチングサービス・アプリの認知度は25.7%、うち利用経験者は30.2%、マッチングアプリを利用した際のトラブルや詐称の遭遇経験は約半数、男性が「顔の見た目(写真)の詐称」、女性は「恋活/婚活以外の目的」」
(総務省)より

「図 マッチングサービス・アプリの利用経験」

出典:「マッチングサービス・アプリの認知度は25.7%、
うち利用経験者は30.2%、マッチングアプリを利用した際のトラブルや詐称の遭遇経験は約半数、
男性が「顔の見た目(写真)の詐称」、女性は「恋活/婚活以外の目的」」(総務省)より

図 マッチングサービス・アプリの認知

上の図のMMD研究所の調べによると、マッチング

サービス・アプリの利用経験者は上の図の認知している人の中で男性、女性共に約30%の方が利用いているという結果になっている。つまり、25.4%~29.4%のこのサービスを知っている人の3割の方が実際に利用しているということは平均して約100人に9人の方が利用しているということになる。
裾野が広く、スマートフォンがあれば利用できるため、恋愛がしたくなったり、寂しさを感じたり結婚を考えたり等、ふとしたタイミングで利用を始めることが多いようです。

事前にアプリやLINE、電話でのやりとりをしているため、お互いのイメージベースですが頭のなかに相手のイメージができます。
また、プロフィール写真もあるので極端な加工がない限り相手の雰囲気が分かります。

出会うには

なんといってもマメさが重要です。ライトな感覚で出会えるが、毎日コツコツと連絡をとるマメさが必要で意外と根気がいる。

特に男性。会えるまでひたすら、自己紹介~ある程度定型の序盤の会話を繰り替えす必要があります。また、割合は男性:女性で6:4となっており男性はアプローチ数がものを言います。女性は無料もしく安価に登録ができるようになっており気軽に利用できますが、同じく会おうと思うまでひたすら、自己紹介~ある程度定型の序盤の会話を繰り替えす必要があります。ちなみにこのブログにたどりついた方はすでに体験済みの方もいらっしゃると思います。申し込みを積極的にできる人が、出会いの機会が多いです。

注意点として

  • 話し相手が欲しい人~結婚を意識している人まで真剣度は様々。
    ⇒遊び目的、既婚者、経歴詐称からは自分で身を守る
  • 会ったときに自分の中でのイメージと違うと落胆する。
    ⇒固定観念も入っているので、一度リセットして目の前の人に集中する。
  • プロフィール写真はアプリで加工しているともはや何が何だか分からないくらいの編集が可能。
    ⇒いくら連絡をとっても会わなことには、第一印象がわからない。
  • アプリの種類によって真剣度が違うが同じ人が登録していたりする。
    ⇒種類の信用性はひとまず置いといて、やはり目の前の人の信用性を見極める。

まとめ

何かとトラブルが多く報告されているマッチングアプリですが、それは利用者数の多さからも表に出やすい部分があります。

出典:「マッチングサービス・アプリの認知度は25.7%、
うち利用経験者は30.2%、マッチングアプリを利用した際のトラブルや詐称の遭遇経験は約半数、
男性が「顔の見た目(写真)の詐称」、女性は「恋活/婚活以外の目的」」(総務省)より

図 マッチングサービス・アプリを利用した際に経験したトラブル

どの恋活、婚活方法でも相手の活動目的と一致するとは限りません。お互いの活動目的がどのくらい噛み合ってるか判断できるまでは、信頼関係を築く段階ではありません。また、信頼関係を築く前にオンラインでのやりとりにしんどさを覚えないよう、次々と登録が増えていく中で目移りしないようにしましょう。最近では独身証明を提出しなければ登録できない結婚相談所型のサービスに近いアプリもでてきています。アドバイスも受けることが可能です。真剣にアプリ婚活したいなら、既婚者とのやりとりによる時間損失、傷心をふせげるので独身証明は取得に手間がかかりますがお勧めです。繰り返しになりますが、どのタイプの婚活であろうと活動目的については見極めなければなりません。

次は婚活パーティー編について書きます。

岡山の結婚相談所 FOR LIFEはマッチングアプリでの婚活について紹介している「MUSUBI」にてご紹介を頂きました。月間50000PVもあるとのことですので、マッチングアプリや婚活サイト等にご興味のある方はこちらもご覧ください。

フォローよろしくお願いします。